ニキビ跡にも種類がある!改善方法と合わせて紹介

ニキビ跡にも種類がある!改善方法と合わせて紹介

20代をすぎ、さらに年齢を重ねるに連れて新陳代謝が悪くなり肌は弾力を失い劣化していきます。そしてここ最近、ニキビ・ニキビ跡が治りづらくて困ると口にする人が増えているのです。

ニキビ跡とはその名の通り、肌にできたニキビが原因で、炎症・傷・色素沈着により跡が残ること。ニキビ跡の治りは非常に悪く、一生治らないケースもあるというから心配がつきもの。こちらではニキビ跡の種類と、改善にむけた手入れ方法を紹介します。自身の症状に合わせてしっかりケアを行うことが大切です。

ニキビ跡の種類と改善方法

一口にニキビ跡と言っても、症状は様々。症状が違えば当然ケア方法も変わってきます。間違った方法でいくらケアをしたところで症状は悪化する可能性が高いです。あなたのニキビ跡は下記で紹介するどのタイプに当てはまるのか。確認をしてみましょう。

赤みタイプ

症状としては、ニキビの炎症が落ち着きボコボコした部分が平らになった状態。赤みだけが残っているのが特徴。赤みタイプとなる原因は、ニキビが炎症を起こした際に毛穴周りで血流障害がおき、静脈内に血液がたまるからです。

改善方法

赤みタイプのニキビ跡は症状がそこまで重くないため、セルフケアでもある程度までは薄くすることが可能。ニキビ跡の赤みを抑えるのに効果的なのが、ビタミンC入りの化粧水を使ってスキンケアを徹底させること。

ビタミンCには炎症を抑える効果、そして皮脂分泌を抑えるためニキビの炎症や発症を防ぎます。ビタミン剤を服用したとしても、ニキビ跡には効果が薄いため、しっかり化粧水を使ってケアをしてください。

メンズエステや皮膚科でケアを考える場合にはイオン導入がニキビ改善におすすめ。微電流を使い美容液を肌の深層部までビタミンCを送り込み、改善も早く見られます。

色素沈着タイプ

茶色や紫色の大きなシミができるのが特徴。茶色の色素沈着ができる原因は、発生したニキビに紫外線が当たり大量にメラニンが生成されるから。続いて紫色の色素沈着ができる原因はニキビが炎症を起こした際に、毛穴周辺で毛細血管が裂け、血が滲みでるから。

改善方法

茶色や紫色のニキビ跡(色素沈着)もセルフケアである程度まで改善させることが可能。赤みタイプで紹介したのと同様、ビタミンCの化粧水を洗顔後たっぷり使うと効果的です。

メンズエステや皮膚科でケアを考える場合には、ケミカルピーリングがおすすめ。ピーリングとは肌の古くなった角質を酸(ピーリング剤)を使い剥がしていくケア方法。角質が剥がれることにより、カラダが新しい肌を生み出そうと働きます。

とくに茶色ニキビのニキビ跡は、消えるまでに2~3年かかると言われるくらい時間がかかるもの。ピーリングでダメージを受けた角質を剥がすことが効果的です。

クレータータイプ

クレータータイプは顔表面がデコボコするのが特徴。ニキビ跡のタイプで1番やっかいで、改善に苦労すると言われています。クレータータイプができる原因は赤ニキビの症状が進行し、皮膚組織まで破壊されるため。破壊された皮膚組織は修復されることなく、デコボコ状態のまま肌に残ります。肌が固めの人がなりやすいタイプと言えます。

改善方法

クレータータイプの跡はセルフケアでの改善が難しいと言われています。多くの方は、美容クリニックでピーリング、レーザー治療、光治療(フォトフェイシャル)、コラーゲン・ヒアルロン酸注射を行っています。状態によってどの治療法が適切かが変わるため、カウンセリングでしっかり肌を診てもらうことをおすすめします。

まとめ

ニキビ跡の種類と改善方法について見ていただきました。ニキビのタイプによって症状が違えばケアの方法も違ってきます。自身に合った方法でケアをしなければ改善は見られません。

またニキビは紫外線を受けると跡になりやすいため、外出の際にはしっかり日焼け止めを塗るようにしましょう。