今すぐ状態をチェック!種類で違うニキビの症状

今すぐ状態をチェック!種類で違うニキビの症状

ニキビ(吹き出物とも言う)は、思春期のときだけでなく、大人になっても悩む方は多くいます。そしてニキビには種類がいくつか存在しています。種類によって症状やニキビの進行度合いも異なるのです。現在ニキビができている方は、こちらの内容と照らしあわせて種類・症状・対策方法をチェックしておきませんか?

ニキビの種類は5種類

種類その1. 白ニキビ【初期段階】

「ニキビ初期段階」とも言われ、症状としても1番軽い状態です。具体的な症状としては、白くてプツプツした小さな角栓ができます。角栓は毛穴の中で、皮脂・汚れが溜まることで表われてうるのです。初期段階のため炎症や痛みは起きませんが、ニキビの根源ともされているアクネ菌が増殖を始めている状態。

白ニキビの段階であれば、市販のニキビクリームや、皮膚科で処方してもらうニキビ薬で早めに治るのが特徴です。

種類その2. 黒ニキビ【第2段階】

白ニキビの状態が少し悪化すると「黒ニキビ」となります。毛穴で皮脂が溜まり、「これ以上は無理!」となったところで皮膚に穴を空け出てくる状態。皮脂が皮膚内から外へ出てくると空気(酸素)に触れるため、酸化を起こし黒くなるのです。黒ニキビも白ニキビと同様、症状は初期段階。市販のニキビクリームや皮膚科処方のニキビ薬で適切に処置を行えば早く改善が見られます。

黒ニキビになると、皮脂が皮膚表面で黒くなり目立つため、つい潰してしまったり、スクラブ入の洗顔料でゴシゴシ擦って取ろうとしてしまいがち。症状が初期段階とはいえ、皮膚にダメージを与えてしまうと症状が悪化することはもちろん、ニキビ跡となるため注意が必要。すでに潰してしまった、黒ニキビの量が多いといった場合にはメンズエステや、皮膚科などで相談されることをおすすめします。

種類その3. 赤ニキビ【第3段階】

黒ニキビがさらに悪化した状態が赤ニキビ。赤ニキビまで悪化をすると、ニキビ周辺が赤みを帯び痛みも出てきます。また毛穴詰まりを起こした皮脂とアクネ菌が増殖しやすい状態となっているためさらに炎症が悪化・ひどい場合にはニキビ跡やクレーターができる可能性があります。

では、どのように改善すればよいか?皮膚科で抗生物質を処方してもらい、服用することで体内の菌や炎症を抑える。またはダラシンTゲルやアクアチムクリームといった外用抗生剤を塗ることで改善を図ります。ニキビ改善と合わせて、シミやクレーターもどうにかしたいというのであれば、メンズエステでケミカルピーリングといった施術を受けることも効果的。

ピーリングでは顔に酸を塗ることで、古くなった角質を剥ぎ、新しい細胞を生成させることができます。ターンオーバーの周期乱れが調整されるといったことからも、ニキビ治療としてかなり効果が高いとされています。

種類その4. 黄ニキビ【第4段階】

赤ニキビが悪化した状態。赤ニキビの段階まで進行すると、黄色い膿をもった皮脂腺が出てきます。黄ニキビの段階まで行くと、アクネ菌だけでなくブドウ球菌も皮膚内で増殖。

また、3層から成り立つ皮膚内で真皮という2番めに深いところまでダメージを受けます。慎重に対処を行わないとニキビが治ったとしても、クレーター跡ができるリスクが高まります。このような理由からも、メンズエステや医療クリニックで改善にむけた相談をされることをおすすめします。

種類その5. 紫ニキビ【最終段階】

ニキビの最終段階と言えるのが紫ニキビです。この段階までニキビが悪化すると、膿が溜まるだけでなく、内出血をしている状態となるため、赤黒く見えます。痛みはそれほど感じることが少ないですが、ニキビ跡がもっとも残りやすいという特徴があります。

黄色ニキビと同様、メンズエステや医療クリニックで相談の上、適切な処理を行うことをおすすめします。

まとめ

ニキビの種類・症状・対策方法を種類別に見てきました。ニキビは放置、こすったり潰したりといったことで、ニキビ跡となる可能性が高まります。ニキビや現在の肌状況を見てもらいたい場合には、メンズエステでお試し体験や、無料カウンセリングを受けることをおすすめします。