青髭になる原因と改善策【男性必読】

青髭になる原因と改善策【男性必読】

男性の方で多くの方は、身だしなみを気にして毎日ヒゲ(髭)を剃っていることでしょう。なかでもとくに毛が濃い人は、髭を剃ったあと青髭が気になることかと思います。

髭は毎日剃らなければいけないけど、「剃ると青髭になるから嫌」と世の男性を悩ませる青ヒゲは、どのようなことが原因で濃くなってしまうのでしょうか?ここでは、青髭対策として、原因や改善策について紹介します。

青髭になる原因

結論:毛が肌から透けて見えるから

青髭になる結論は、「毛が肌から透けて見える」これです!髭は体毛の中でも太い部類。密度は濃く、毛穴もおよそ5mmと深いのが特徴。これだけ毛穴が深いと、いくら毎朝カミソリで剃ったところで剃れるのは肌表面のみ。毛穴の中までは剃ることができません。

そのため肌の中に生えている毛が透けて青髭に見えるというわけ。

毛が透けるのは肌が薄いから

ではなぜ肌から毛から透けて見えるのか?それは単純に肌が薄いから。とくに顔は腕や足といった他の部分と比べても肌が薄い状態。そのぶん髭が肌から透けて見えるというわけなのです。

髭剃りのしすぎも青髭に関係

「髭を何度も剃ると、毛が濃くなり青髭になる」という話を聞いたことがありませんか?髭剃りを頻繁に行うと髭は確かに濃くなります。髭剃りをすると、皮膚表面上の髭はカミソリで引っ張られながら剃られます。

しかし、皮膚の内側の毛は引っ張られるだけで、前述のように剃られることはありません。毛は引っ張られることで刺激を受け、外部からの刺激に負けないようにと太く濃く強化されます。このように皮膚内で多くの毛が濃くなると、必然的に青髭として目立つようになるのです。

これらの毛が表面上に現われても濃くて剃りにくいため、何度も剃ってしまいます。その度に皮膚内で毛が強化され濃くなるという負の連鎖状態となってしまう男性が非常に多いです。

男性ホルモンの増加で濃くなる

男性ホルモンが多く分泌されると、毛は濃くなるため青髭の原因となります。男性ホルモンが増加する原因は、

・生活習慣の乱れ
・肉類の食べすぎ
・ストレス
・睡眠不足
・タバコ

などがあります。青髭に悩まれる方は、これらの生活習慣について改善できる余地がないかを見直しましょう。

青髭改善策

ここまでで、青髭ができる原因についてみてきました。ではこの青髭をどのようにすれば改善できるのか。見ていきましょう。

メンズエステで脱毛を受ける

1番確実で手っ取り早い改善方法がメンスエステでの脱毛処理。プロのスタッフがその人の肌状態を見極め、適切に処理してくれるため、肌トラブルなどを起こすリスクもかなり低いと言えます。

また、機器を使用して光を当てるなどの処置で剃るより効果は高く、毛質が弱くなっていくため青髭の改善策としては1番おすすめできます。

正しく髭を剃る

正しい髭剃りを行えば毛に与えるダメージを減らし、毛が太く濃くなることを防げます。正しい髭剃りの仕方は下記となります。

  1. 必ず手を洗ってから洗顔を行う

(手を洗わないと、雑菌を顔にこすることになるため、肌が荒れる可能性がある)

  1. シェービング剤を多めに塗る

(ジェルタイプより泡タイプがおすすめ)

  1. 必ず毛が生えている方向に剃る

(逆方向に剃ると剃り口が太くなる)

4.髭剃り後は、化粧水、乳液の順番でケアをする

(剃ったあとは皮膚が削れ、ダメージを受けているため乾燥しやすいから)

以上のように正しく髭剃りを行いましょう。正しく髭剃りを行えば、しっかり剃ることができ、剃り残しが防げるため髭剃り回数が減ります。

除毛クリームを使う

最近では男性でも除毛クリームを使い、髭を処理する人が増えてきました。除毛クリームは、その名の通り毛を取り除くクリーム。具体的な使用方法は、髭にクリームを塗り数分放置したあとに、洗い流す。これだけで毛はクリームと一緒に洗い流されていきます。

カミソリと比べると皮膚表面だけでなく、毛穴まで効果が得られるため青髭対策としておすすめです。値段は5,000円程度で少々高いですが、毎朝の処理が面倒くさいと言った人は、思い切って購入されてみてはいかがでしょうか?

まとめ

青髭ができる原因と、改善策についてみてきました。青髭に悩む人は多くいます。毎日処理をすることが大変・面倒くさいから何とかしたい!そう思うのが本音でしょう。今では、メンズエステやクリニックなど、リーズナブルな値段で脱毛施術を提供しているところが増えてきました。

脱毛は青髭対策として1番効果的といえかなりおすすめ。1度検討をされてみてはいかがでしょうか?