サロン予約をする前に!日焼けをした状態で脱毛施術は受けられる?

サロン予約をする前に!日焼けをした状態で脱毛施術は受けられる?

ここ数年で、美意識を高くもつ男性がメンズエステへ積極的に足を運ぶようになりました。とくにムダ毛処理目的として、メンズエステで脱毛を受ける方は多くいます。

そして、脱毛でメンズエステへ足を運ぶ人がピークとなるのが「夏前」と「夏が終わったあと」の季節。今回は多くのエステサロンで質問する人が多い、「日焼けをしていても脱毛はできる?」といった部分について説明をします。脱毛の予約をとる前に確認をしておきませんか?

日焼け後では、脱毛施術を受けられない(断られる)

メンズエステの脱毛方法は、メラニンの黒い部分に光が反応する機器を使用するフラッシュ(光)脱毛が主流。機器から出される光は黒い色に強く反応するため、日焼けで黒くなっている場合、強く反応してしまい火傷を起こす可能性があります。「じゃあ肌が黒くなければ、日焼けをしていても脱毛できるの?」と疑問を持たれる方がいることでしょう。

黒ではなく赤く日焼けをしている場合でも、肌は紫外線により大きなダメージを受けており弱っている状態のため、脱毛を行えば肌が荒れる、火傷状態になるといったトラブルを起こす可能性が高まります。日焼けをした状態で脱毛施術が受けられるかどうかの結論は、「受けられない」です!日焼けをした状態でカウンセリングを受けると間違いなく、「期間をあけて日焼けが落ち着いてからにしましょう」と断られます

仮に日焼けをした状態で「大丈夫です、脱毛をしましょう」とスタッフがすすめてくるようなサロンは、絶対に避けましょう。

どれくらいの期間をあければ、脱毛施術を受けられる?

先ほどの内容で、「日焼けをした肌状態では脱毛施術を断られてしまう」とありましたが、「日焼け後どれくらいの期間をあければ施術を受けられるのか」と気になることでしょう。

あける期間については、日焼け・脱毛場所によって異なり、どれくらい紫外線を浴びて肌が炎症状態となっているかという度合いによって、変わってきます。一般的には、日焼けをしてから肌が落ち着くまでの期間は2周間程度と言われています。

日焼け後に該当部分を触って熱を帯びていないか、見た感じも炎症をしていないかを確認した上で、施術・カウンセリングの予約を入れるようにしましょう。

日焼け状態の肌へ脱毛施術をしても効果は薄い!

なかには、「早く脱毛をしたい」「毛をなくしたい」と気持ちが焦る人もいるかと思います。確かに、早く処理をしたい気持ちは理解できますが、日焼け後の肌は紫外線により肌の水分が奪われ、炎症を起こし、乾燥をしている状態。

このような乾燥状態の肌へ施術を行ったとしても、毛根まで機器の効果を与えることができないため効果は思っている以上に得られません。

効果を得られないどころか、いま以上に肌の炎症を悪化させる可能性があります。日焼け状態の肌へ脱毛施術をしても効果は薄く、肌トラブルを招くとしっかりおさえておきましょう。

まとめ

日焼け後の肌に脱毛施術を行えるのかどうかについて紹介してきました。ここまでの内容であったように、黒く焼けていた場合でも、赤く焼けていた場合でも、日焼けをしている肌は紫外線により炎症・乾燥をしているため、脱毛はできません。日焼けをした状態でサロンへ足を運んだとしても断られます。

また、日焼けをした状態で脱毛施術を行ったところで高い効果は期待できません。せっかく綺麗になるためにお金をかけるのであれば、トラブルなく安心して、かつ高い効果を得たいですよね?

日焼け後に脱毛を受けるためにメンズエステへ通うのであれば、最低でも日焼けをしてから2周間以上はあけるようにしましょう。