「日焼け止め」の種類と塗るときのポイント

日焼け止めの種類と塗るときのポイント

シミ対策として「日焼け止めを塗ろう」「UVケアをしよう」とよく耳にします。日焼け止めを塗ること自体はわかりますが、そもそもUVケアとは?こちらではUVについて詳しく説明をします。

「UV」は紫外線の略語をいう

まずUVとは何かについて。UVとはultraviolet(ウルトラバイオレット)の略で、紫外線のことです。紫外線は太陽から出る光の一部に含まれ3種類あります。下記で種類別に紹介する内容をおさえることで、日焼け止め選びで困らずにすむでしょう。

種類1. シワやたるみを起こす「UV-A」

UV-A(紫外線A波)は1年中、地上に降り注いでいる紫外線として有名。波長が長く、オゾン層を通過しやすい物質のため、窓ガラス・カーテンも通り抜けてきます。

そのため、太陽が見えない天気が悪い日や室内であったとしても、UV-A対策として日焼け止めを塗っておくべき。UV-Aは肌の深層まで到達し大きなダメージを蓄積させ、シワやタルミを引き起こす原因となります。

種類2. シミを作る 「UV-B」

日焼けで黒くなる原因がUV-Aであるのに対して、赤く日焼けをするのがUV-B(紫外線B波)。UV-BはUV-Aと比べて波長が短くオゾン層や雲などで阻まれることが多いため、地上に到達するのはおよそ1割程度

ですが、届いた紫外線B波はとても強力で、肌が紫外線を浴びると炎症を起こしたり、シミができる原因となります。

種類3. 皮膚がんの原因となる 「UV-C」

3種類ある紫外線のなかで1番肌に悪影響があると言えるのがUV-C(紫外線C波)。UV-AやUV-Bと比べて波長が短く、短時間浴びるだけでも皮膚組織を破壊するほどの強力な紫外線。ひどい場合には皮膚がんを起こす可能性が。

これまでUV-Cはオゾン層にほとんど吸収されるため、地上には届かないとされていました。ですが、近年メディアなどでも取り上げられているオゾン層破壊により、UV-Cが地上へ降り注ぐ危険があると一部で言われています。

日焼け止め2種類の紹介

日焼け止めを買いに薬局などへ行ったとき、「PA」「SPF」といった言葉を見て頭を悩ませたことはありませんか?日焼け止めの種類は「PA」「SPF」の2種類。それぞれで効果が違うため、下記でおさえておきましょう。

「PA」はUV-Aを防ぐ

PAの表記はProtection grade of UV-Aでの略であり、UV-Aを防ぐ効果を表します。「+」の数が1~4で表記され、「+」の数が多くなるほど防御効果が高くなります。

目安として、
通勤など日常生活での使用であればPA++かPA+++
日差しが強く、屋外で活動をする場合であればPA++++

を選びましょう。

「SPF」はUV-Bを防ぐ

SPFはUV-Bを防ぐ目安の数値。最高数値は50+まであり、数値が高いほど防御効果は高いとされています。SPF数値に15~20をかけた数値が効き目時間の目安とされています。

たとえばSPF30の場合(今回は15で計算)

30(SPF数値)×15=450
450÷60(分)=7.5

このように、SPF30の日焼け止め塗った際にはおよそ7.5時間効果があるということになります。

目安として、
通勤など日常生活での使用であればSPF15
日差しが強く、屋外で活動をする場合であればSPF30

を選びましょう。

日焼け止めはこまめに塗るのがポイント

日焼け止めはこまめに塗り直すことをおすすめします。とくに夏場など、汗をかけばいくら数値が高い日焼け止めを塗ったとしても落ちてしまいます。長時間外出する場合には、2時間おきくらいで塗るのがベター。日焼け止めを薄く伸ばして塗ると効果があまり得られないため、500円玉程度の大きさの量を手に取り、肌にゆっくり押しこむように優しく塗りましょう。

敏感肌の方は、日焼け止めを塗る前に下地クリームを塗ると刺激をおさえることができます。

まとめ

日焼け止めの種類と塗るときのポイントについて紹介してきました。紫外線を日頃何気なく浴びていると、知らないうちに「シワができてきた」「シミができた」といったことが起こります。紫外線は1年中地上に降り注いでいるため、キレイな肌を保ちたい・目指したいという場合には日焼け止めが必須です。今回の内容が少しでもお役に立つと嬉しく思います。